変更/
    キャンセル
    変更/
    キャンセル

    Olympic Games Tokyo 2021

    2021年東京オリンピック期間中これだけは欠かせない4つの観光ポイント

    2021年7月23日から8月8日に開催される2021年夏季オリンピックに向けて東京は今さまざまな準備を進めています。そこで、皆様の観光に役立つ5つのポイントをご紹介します。

    その1 新旧ふたつのオリンピック会場を巡る

    東京都市圏では至る所でオリンピックに向けたインフラ整備・都市開発が行われており、これは建築ファンにとっては見逃せない絶好のタイミングです。競技の大部分は、東京とその周辺の40か所以上の会場で行われ、「ヘリテッジゾーン(1964年に夏季オリンピック東京大会が開催されたエリア)」と「東京ベイゾーン(この度新しく建設された会場)」で集中して行われます。建築家 隈研吾氏が設計した新国立競技場を訪れたら、ぜひ記念撮影をお忘れなく。競技場は2019年後半までに完成予定で、オリンピックの開会式と閉会式の会場になります。

    その2 2021年東京オリンピックのオフィシャルアイテムを一番にゲットしましょう!

    東京に滞在するなら、オリンピック土産をぜひチェックしてください。オフィシャルアイテムには、2020年東京オリンピックと東京パラリンピックの公式マスコットキャラクター、ミライトワ(Miraitowa)とソメイティ(Someity)や、鉄腕アトム、ワンピースなどの人気アニメキャラクターとコラボレーションしたグッズがあります。

    その3 芸術と文化の祭典

    2019年秋から2020年9月まで東京の各所で開催される「Tokyo Tokyo FESTIVAL」で、銭湯を舞台にしたアートショー、インタラクティブな光と音の演出、漫画展、コンサートをお楽しみください。日本文化を国内外で推進する「東京2020 NIPPONフェスティバル」では、歌舞伎俳優の市川海老蔵さんとスペイン人テノール歌手のプラシド・ドミンゴが共演する舞台など、2020年4月から9月までさまざまなプログラムが準備されています。

    その5 東京と周辺エリアの新しいショッピングとエンターテイメントスポットをチェック

    店舗やエンターテイメント施設を複合した「有明ガーデンシティ」は、2020年前半に東京湾エリアに開業を予定しています。また、2021年春には東京ディズニーランドに「美女と野獣」と「ビッグ・ヒーロー6(ベイマックス)」の新アトラクションが登場します。同じくディズニーシーにも新しいアトラクションが登場し、一部のアトラクションをリニューアルする予定です。

    オリンピック期間前後は大勢の人の来場が予想されるため、東京のホテルは予約が難しくなります。2020年3月にオープン予定の「フレイザースイート赤坂東京」は、新国立競技場など2021年東京オリンピック・パラリンピック競技大会のヘリテッジゾーンの会場にほど近い場所に位置しています。スポーツイベントやフェスティバルに参加する予定がありましたら、当ホテルをどうぞご利用ください。